台湾でウェディングフォトを撮る話(お店見学編)

 私事ですが、近々結婚式をするので、現在準備に慌てています。婚姻届けはとっくに出しており(ビザの関係もあるので)やるややらないやでけっこう時間が過ぎてしまっいました。個人的にはあんまりやりたくないんですよね…昔は結婚なんて、と思っていたんです。理由はいろいろありますが、その中の一つが「結婚式したくない」でした。いや、私こういう人けっこういるんじゃないかと思うんですよね。そもそも主役になるっていうのがほんと向かないので…。お金かかるし恥ずかしいしお金かかるし…。しかし異国に嫁いで「これが台湾では普通だから~」と言われると、やらねばならぬのだ…(´;ω;`)
 最近福原愛ちゃんが台湾の方と結婚したそうで、その関係で台湾の結婚式についてテレビでよく見るようになったと聞きました。なるほど~。ところで愛ちゃん台南に住むそうで?行ったら会えるかな(笑)それはさておき、日本とはちょっと違う台湾の結婚式。その中で、台湾人が結婚する時の大事なイベントの一つ、フォトウエディングを私も例に漏れずやる羽目になったので、ちょっと紹介しておきたいと思います。(写真苦手なので、あんまり乗り気じゃないんですよ~ああ~気が重い)
f:id:kankant:20161024003043j:plain
↑憧れはもうこれですよね。憧れでしかないですけどね、あはは…


●台湾のフォトウェディングは世界一??
 フォトウェディングといえば、よく聞くのは韓国かなと思います。台湾でも今韓国ブームなので、「韓風」というのが一つのトレンドでもあるそうです。台湾人は「フォトウェディングの技術は台湾が一番」といっています。そのくらい台湾人が写真にかける情熱には並々ならぬものがあります。私が見て回った感想で言うと、
おそらく人物に重点を置き、自分の綺麗さ美しさを最も重視する場合は韓国での撮影がオススメです。台湾の方も韓国に行って撮りました~ってかた結構います。
何より風景との調和を大事にしたり、自分の趣味や嗜好を凝らした写真を撮りたいという方は、絶対台湾をオススメします。台湾のフォトウェディングの写真を見ていただければわかりますが、ナチュラルなものから、ほぼコスプレみたいなものまであります。
www.ivy-bride.com.tw
台北のお店(私は行ったことないですが、日本語があったので)です。こちらを見ていただければ感じがつかめると思います。

私がお店で聞いたところによると、皆さん自分でシチュエーションを考えて、自分で場所を決めて、自分で小道具や衣装まで用意されるそうです。す、すごい…。(もちろん全部お任せって方もいらっしゃいますが、とても少ないそうです。)
例を挙げると、旦那さんが学校の先生で、そこで出会ったから学生服(本物ではないです)を着て学校で撮るとか、旦那さんが消防士だから制服を着て消防車と一緒に撮ったり、などなど…ゴミ捨て場とか、どこでそんな場所見つけてきたんや!?みたいなところもあります。(笑)こういう風に、「こんなイメージでこんな風に撮りたい!」というビジョンがある方はぜひ台湾のお店を訪ねてみてはいかがでしょうか?また、私のようになんのイメージもわかないけど、思い出に残る写真を撮りたいなという方も、聞けば何でも教えてくれるのでぜひ相談してみてください。
いろんな国からウェディングフォトをとりに来るので、だいたいのホームページには海外顧客用連絡ページがあるかな。もちろん日本語オッケーなところもあります。
ちなみに台湾では海外にスタッフさんと飛んで撮影する「自助」タイプも多いです。この場合、基本的な費用にスタッフさん(人数分)の飛行機+ホテル代×日数がかかってくるそう。でも航空会社やホテルは自分たちで決めて良いそうなので、よく知った国にだと費用が抑えられていいよよのことでした。(笑)大掛かりな分、思い出に残りますよ~!

●準備ははやめがいい??
 何事もはやめに準備するに越したことないのですが、だいたいどのくらい前から始めればえーねん??と思いますよね。
フォトウェディングの流れとして
お店選び→お店決定→話し合い→撮影→写真選び→修正→確認→製本→手元へ
てなかんじです。
 ここからまず、撮ってから写真選び、修正、確認、製本等から手元に来るまでに2~3ヶ月かかるそうです。これは私が行った3件ともだいたいそのくらいの期間が必要でした。これは自分の努力で短くできないので、最悪3ヵ月は必要になります。
 あとはそれぞれのこだわりによって伸び縮みします。それぞれみなさんの予定から逆算して予定を立てましょう。
 お店選びの部分は後で書きますが、一件だいたい3時間程度かかります。あと意外と疲れますので、ここも1日1~2件を目安に見ておきましょう。

お店選びは一苦労??たくさん見学に行ったほうがいい??
こだわりたい方はいろんなお店を見て、そのお店の特色を確認しましょう。
特にこれ!という明確なビジョンのない方は、ネットでこの写真良いなと思う所を3件くらい選んで見学に行き、その中から選ぶといいと思います。こだわりが無いと、星の数ほどあるお店を見学して周るだけで疲れてどうでも良くなってきます。(笑)しかもどのお店も大きく変わる訳ではないので、あんまりたくさん見ると逆に選べなくなります。よっぽどイメージと違えば4件目5件目に行きましょう。
ちなみにですが、台湾のお姉さんは強いです。「じゃあ考えてまた返事します~」なんて一回言ったくらいじゃ帰してくれません。「じゃあここでお願いします」というまで話は続きます。「じゃあここで」なんて日本人らしさを発揮してはいけませんよ!!(笑)今日は決められません~と粘りましょう!このお店は違うなと思ったら、正直に「ここ(例えばドレス、写真の感じ)が私のイメージとどうこう違うのですみませんが他のお店を探します」とはっきり言ってしまったほうがいいです。申し訳なさそうにはっきり言いましょう。他のお店と迷っているなら、「他のところも見たいので、考えてから2~3日以内に連絡します」と言うのが無難です。これでも3~4回言わないと帰してくれませんが。(笑)お家に帰った後ですが、お店の方も待っているわけですから、早めに連絡してほしいとのこと。約束の期日になっても悩んでいるなら、とりあえず連絡して「こういうところで悩んでいます」と伝えましょう。値段が…と言うと安くなるかも…!?あと、お断りの場合も必ず連絡しましょう、怒られませんから~!


●お店見学の流れ

 だいたい私が行った3件とも、話の内容は違えど流れはほぼ一緒でした。
1 まず写真のイメージの説明
お店ごとに何が違うかというと、ほとんど出来上がりの写真のイメージの違いです。あるところはガチガチに修正してCGみたいになってるとか、あるところはナチュラルでなるべく修正しないとかですね。以前撮影した他の方の写真を見ながら、そのお店の特色を説明して下さいます。

2 次にドレスの見学
これはドレス見学が無いところもあれば、試着させてくれるところもあります。
私の場合、1件目は見るだけ、2件目は見学なし(行った時間が遅すぎたからかな?)、3件目は試着あり、でした。

3 最後にサービス内容の確認
サービス内容は、撮影の時の貸し出し衣装の数、選べる写真の数、がメインになってきます。
後は結婚式の時に使用するお花や飾りなどですが、ここは台湾式の結婚式をされる方以外は関係ないと思います。なので海外の方用プランにはついていのではないかな~と思います。需要があれば今度書きます(笑)
これはだいたいどのお店も差は無いです。後はいろいろおまけしてくれるとか、値引きがあるとか、ですね。
プラン内容にいらないものがあれば相談してみましょう、料金から引いてくれる場合もありますよ。

ドレスはだいたい自社製なら追加料金なし、大きなブランドやイタリア製、スペイン製のものは追加料金がかかってくる、といったかんじです。

ドレスじっくり見たい方はお店にその希望を伝え、余裕を持ってお店に行きましょう。


お店見学編はざっとこんな感じになります。店が決まって事が動き次第、またお伝えできればと思います~!

こんなニュースも…さすがに台湾でこれはないと思いますが、海外ではこういうことも起こっているんですね…
2.6万元かけて撮った結婚写真 田舎臭い仕上がりに