爆竹の話

 わたくし、ブログを夜中に書くことが多いのです。私の家は田舎にありますので、夜中は本当にシーンとしています。犬が鳴いていることもあまりなく、あまりの静けさに、ときおり鳥が窓をコツコツとつつく音にもビクッとなります。(余談ですが、うちの家の外壁、めっちゃ鳥が住んでるんです…。なぜ)

 新年1日目、この日も深夜2時ごろまでいそいそと作業をしていたんですね。その日もさすがにその時間まで起きている人は少なかったのか静寂に包まれており、旦那も寝ていたため、自分がキーボードを打つ音だけが部屋に響いていました。長い作業の合間にふーっと深いため息をつきました。

その瞬間…

 

 

ババババババババババッババーーーーン

私「ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

 

 なにごとーーーーーーーー!!!???あまりに大きい音で、びっくりして椅子から転げ落ちるところでしたよ!!!なになになんか爆発したの?と思っていると、ガヤガヤと人が集まってくる声が聞こえました。驚きも冷め冷静になって考えてみると、爆竹ですよね。いや爆竹ですよねじゃねーよ!!!!びぃっくりしたわ!!!!なぜこんな人様が寝静まった時間に人様の家の前で爆竹を鳴らすのか!!!????日本なら確実にケーサツのお世話になるところですよ。しかもお正月用なのか通常の3倍くらいの音でした。カンベンシテーーー( ;∀;)( ;∀;)

 

 この深夜爆竹(昼間なら全然構わないんですが)、台湾人的にはどうなんでしょうね?うるさくないのかな?まぁ習慣だと言ってしまえばそれまでなんですが…。でも賑やかなところでなってるなら別に気にならないか。静かなことにそもそもの原因があるんですかね。

 

 ところで爆竹の煙が?環境によろしくないということで、爆竹音CDも台湾の環境省さんのホームページでDLできるそうです。なんじゃそりゃ(笑)

 気になるのは環境ですからね、音ではないんですね。

 

 大陸や香港の方でも爆竹すごいらしいそうですし、そういえばベトナム旧正月あるらしいけど爆竹とか鳴らすのかな?と思いベトナム人の友人に聞いてみました。

 ベトナム旧正月は「テト」と呼ばれ、あちらでも新年より5日目までお休みだそうです。(これもまぁ会社によるそうですが…時代の流れですね)

 じゃあベトナムでも爆竹鳴らすの?と聞くと

f:id:kankant:20170130012210p:plain

 

ベトナムでは爆竹よる火事が多かったので、1995年に禁止令が出ました~それでも鳴らしてる人もいますけど!」

だそうです。(笑)

まぁそこまで被害があればね、禁止もやむなしなんでしょうけどね、禁止されても鳴らしたいとはやっぱり彼らのDNAに刻み込まれてる何かがあるんでしょうね。爆竹のなくなったテトは少し楽しさが足りないそうです。

ちなみに爆竹、ベトナム語ではđốt pháoと言うそうです。ほほーう。あんまり参考にならない単語ばっかり紹介してすみません!

 

 なんだか愚痴になってしまいましたが、爆竹も旧正月の文化の一つですから、どうにかこうにかあの爆音に慣れたいと思うKANKANでした…!