妊娠した話/病院選びの怪

f:id:kankant:20170830222148j:plain

 妊娠した夫婦の悩み事の一つ、病院選び…(笑)

これは日本でも台湾でもどこでも同じかと思います。私たちもね~~困りました~~。

私たちは幸い、夫の年齢的にも周りが出産ラッシュなので、いろんな口コミを頂戴できました。そこはラッキーだったかな!

 

 台湾での話になりますが、私たちが病院を選ぶとき重視したものは、一つ目に「大きな病院である」ことです。なぜなら「設備も整っていて、感染対策もきっちりしてあって、何かあっても安心だろう」からです。ここはもう「だろう」の域を出ませんが…。

私たち的には出産のときを第一に考えたので、お産で何かあることを考えたらやっぱり大きい病院かなぁと。

 で、実際何回か定期健診に行った現時点での感想としては...

妊娠した夫婦の定期健診での一番の楽しみと言えば、なんといってもエコーで赤ちゃんの様子を見ることですね。その時の画像がね、私の通ってる病院はね、ちょっと見づらい(笑)そして心音も先生が「心音聞く?」と機嫌よく聞かせてくれないと聞けません。少し体調が悪かったりすると近くの個人の産婦人科さんで見てもらうことがあるんですが、そこは画像もクリアですし、エコーの機械をお腹に当てればそのまま心音が聞こえます。

 というか、もっと言うと、大都会台北の個人病院はもっとすごかったです。3ヶ月目くらいに台北に行って、地下鉄に乗っているときに低血糖症状で倒れかけまして(;・∀・)近くの産婦人科にお世話になったのですが、もうね、すっごいの。エコー室も薄暗くリラックスできる環境で、モニターが私の通ってる病院の3倍はあります。都会すごい。エコー画像もクリアですし、一番びっくりしたのが、エコー画像のとなりに4D画像が出てたことです。予約してお願いしとかないと見れないヤツじゃないんや。毎回の検診にあるんや(笑)。心音ももちろん聞けました。なんかいい匂いするし、都会すごい、と朦朧とする意識の中でぼんやり思っていました。そのときは吐き気止めの注射して終わりだったんですが、会計で目ん玉飛び出ました。たっっっk。。。。。!!?都会すごい(吐血)

 お産(とその後の産後施設)のことばっか考えてて定期健診のことは全然頭になかったんですが、しっかり毎月赤ちゃんを見たいなという方は、病院探しのときにエコー室をチェックするというのもいいかもしれません。あとは、お金ですね(笑)

 

 もう一つ、数ある「大きい病院」の中から今の病院を選んだ理由が、「お医者さん」です。あのお医者さんがすごい、というので今の病院に行っているようなものです。ただ、うちの夫がいろんな人から「あの先生すごい!」と聞いて「あの先生すごいらしい!」と教えてくれ、じゃあそこで!となったので、ぶっちゃけ「なにがどうすごいのか」はよう知らんのです。。。(*_*)(*_*)誰かがすごいと言っていたのをそのまますごいと受け取らねばならぬ異国のつらみ。。。(ちなみにその先生が台湾の産科界隈では有名で、高リスクの妊婦のお産や胎児エコーが得意(いわゆる胎児の異常の早期発見ができる可能性が高い)で著書もあるということを知ったのは4か月目の検診になったくらいです)

 有名で人気のある先生に診ていただくというのも大変で(一番大変なのは先生でしょうけど)、予約がとれない・診察の待ち時間が長い・診察時間が短い、というのがあります。でもこれは日本も同じだし、産科のお医者さんもたくさんいるわけではないのでどこの病院に行っても同じことかもしれません。あとベテランの先生になってくると、異常のあるなしの判断もはやくなるでしょうし。ただ、毎回のエコーの説明が短すぎてちょっと残念かな、はは...いや、赤ちゃんに異常がなければいいんですけどね。

 

 診察時間が短いとお話しを聞いてもらいにくかったり、こういう症状があるんですけどという相談もしにくかったりします。そのフォローを看護師さんがしてくださる病院もあれば、看護師さんも忙しくてなかなか、という病院も。経産婦さんはそれでもいいって方もいるようですが、何もかも初めてで右往左往な初産婦さんは、先生でも看護師さんでもいいので落ち着いて話をしやすい病院を探すのがいいかもしれませんね。

 

 4ヶ月目の検診までで、病院選びで思ったことを書き残してみました。今後母親教室などもありますし、お産を終えるとまた違った感想が出てくると思いますので、来年出産後元気があれば(笑)書きたいと思います。